« 唐津で生きたままのイカを食べた | トップページ | 吸引型万年筆ペリカンデモンストレーター »

2010年5月24日 (月)

1972年モデル、クロモリフレーム、アルミタンクのトライアル車、スズキRL250

Dsc00004 非常に軽量化されたシンプルな構造です。

CDIが故障して動かないときの写真です。5年間くらい、この部品が見つからずに、不動の状態でした。

幸運にも、インターネットオークションに、CDIが出品されていました。1500円、動くかどうか解りませんということでしたが、取り付けてみたら、見事にエンジン復活、今でも実働の相棒です。

なるべくノーマルに戻して、時々エンジンをかけてあげています。

|

« 唐津で生きたままのイカを食べた | トップページ | 吸引型万年筆ペリカンデモンストレーター »

70~80年代バイクたちとマイカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1972年モデル、クロモリフレーム、アルミタンクのトライアル車、スズキRL250:

« 唐津で生きたままのイカを食べた | トップページ | 吸引型万年筆ペリカンデモンストレーター »