« バッテリーの復活ツール | トップページ | 久しぶりに走って来ようかな・・・ »

2011年1月10日 (月)

VF1000Rにバッテリーのサービスコンセント付けました

バッテリーのサービスコンセント

しょっちゅう乗れれば良いのですが、たまにしか動かせないので、バッテリーが上がり気味です。始動困難になってしまうと、押し掛けするには重いので、充電器のお世話になります。しかし、VF1000Rのバッテリー端子にクリップをつなぐまでには、合計12本のボルトを外さないとなりません。知人のBMWには、サイドカバーにシガライターコンセントが付いていて、そこでバッテリー充電出来るようになっているのを見ました。便利だなーと思っていましたが、昨日のブログで書いた充電器に、付けっぱなしにできる端子が付いていたので、VFに付けることにしました。ソケット部分はキャップが付いていて、雨の進入を防ぐようになっているので、ショートの心配は無さそうです。これで、ビス2本外すだけで充電が出来るようになりました。サルフェーション除去も含めて、こまめにバッテリーメンテナンスも出来そうです。

|

« バッテリーの復活ツール | トップページ | 久しぶりに走って来ようかな・・・ »

70~80年代バイクたちとマイカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VF1000Rにバッテリーのサービスコンセント付けました:

« バッテリーの復活ツール | トップページ | 久しぶりに走って来ようかな・・・ »