« 地震頻発・・・いわき市周辺と長野県北部 | トップページ | プロジェクト推進責任者には大きな権限が必要 »

2011年4月16日 (土)

原発問題はまだ拡大中ではないのかな?

原発の燃料からの放射性物質の拡散が止まったところで、初めて収束に向かうターニングポイントに立ったのだと思います。現時点では、燃料からの拡散は止まっていない。

それなのに、事後の責任問題など様々なところに話題が移っているが、まずは、止めることに全力を上げるべきなのではないかと思う。

止める、冷やす、閉じこめる。この3段階のことを実現しなければ収束しないと原発問題は収まらないと、早い段階から説明されていた。専門家も、止めるは出来たと解説していたが、私は、止めるが出来ていないと考えている。同時並行で、無駄になっても良いから複数の対策を進める必要があると考える。燃料からの拡散が継続していると、漏れている水への放射線濃度は、どんどん高くなることは自明であり、自然とエントロピー増大の法則に則り、拡散する方向に進む。

核燃料のエントロピーを減少させるために、多くのエネルギーを投入しなければならないはず。

後生に残す国土や、日本人の誇りを保全するために、最大限の努力をすべきと思われる。まだ、非常事態、戒厳令に相当する状況にあると思われる。

|

« 地震頻発・・・いわき市周辺と長野県北部 | トップページ | プロジェクト推進責任者には大きな権限が必要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題はまだ拡大中ではないのかな?:

« 地震頻発・・・いわき市周辺と長野県北部 | トップページ | プロジェクト推進責任者には大きな権限が必要 »