« GDBC入院中・・・ | トップページ | 山椒の葉を食べるアゲハのアカチャン »

2011年7月24日 (日)

南相馬市の市役所前にて

南相馬市の市役所前にて

核兵器廃絶平和都市宣言という看板が道路側に掲げてあります。

なんという皮肉なこと・・・平和利用のための原子力発電により被爆の危険にさらされてしまうとは・・・

原子力発電に関しては、賛否両論あります。

時計の針を逆戻りさせることは、大きなエネルギーが必要ですし、皆がその覚悟をする必要があります。世界中ではまだ高度成長段階に入る国が多くあると思います。

イギリス、フランスは原子力エネルギーに積極的です。その選択が正しかったのかどうかはずっと先になってから解るのだと思います。

経済という言葉は、経世済民という言葉から生まれたと記憶していますが、世を助け、民を助けることが経済とすれば、どのような方法で経済システムを構築すればいいのでしょうか?経済の尺度に、自然の中に命を置く野生動物たちや、植物の存在が入る余地はありません。全ては人類の貨幣価値を感じる人だけの規範です。

|

« GDBC入院中・・・ | トップページ | 山椒の葉を食べるアゲハのアカチャン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬市の市役所前にて:

« GDBC入院中・・・ | トップページ | 山椒の葉を食べるアゲハのアカチャン »