のこぎり、ナタ、鎌、など刃物

のこぎり、ナタ、包丁スケートなど様々

2012年5月24日 (木)

刃物研磨機械その2(日立工機GK21)

刃物研磨機械その2
刃物研磨機械その2
刃渡りの長い、反った刃物用の研磨機械を中古で買いました。かなり砥石の厚みが薄くなっていて、少し失敗でした(笑)日立工機製GK21砥石外径205ミリ
外装を清掃して、水の供給トレイの水漏れを修理しました。プラスチックの水漏れ補修にはプラリペアが最適です。
やはり砥石は消耗品なので新品を購入する予定です。

オークションに載っていた写真は以下の写真です。汚れは認識していたのですが、砥石の薄さは見落としました。新品を知らなかったのですから、仕方有りません。

Photo

Photo_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

鎌用刃物研ぎ機(縦型水研機)

鎌用刃物研ぎ機
鎌用刃物研ぎ機
鎌用刃物研ぎ機
鎌用刃物研ぎ機
鎌の研磨が多いので、研磨用の機械を買いました。楽チンです。でも、けっこうコツが必要です。
砥石のアールをうまく使いながら、広い面を当てなければなりません。当てかたに工夫が必要です。

やっぱり仕上げは手で研ぐと最高の切れ味になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

燕三条地場産センターでアップルカッター

燕三条地場産センターでアップルカッター
アップルカッターを買ってみました。上から押すだけで芯抜きと八切りをワンアクションで出来ます。帰ったら使ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

包丁を研ぎました

包丁を研ぎました
包丁を研ぎました
包丁を研ぎました
刃こぼれしていましたので、丹念に平らになるまで研ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

大きな鎌を研ぐ

大きな鎌を研ぐ
山の下草を刈る鎌です。出張中に少し草が伸びすぎたところがありましたので、刈りました。しばらく研いでいなかったので、研いでから使いました。鎌など刃物を研げないと、農家は無理かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

新潟県三条市バクマのチップソー

新潟県三条市バクマのチップソー
新潟県三条市バクマのチップソー
昨日と今日は炎天下で草刈りです。
最近の草刈りはチップソーを使いますが、見かけは同じように見えますが、似て非なるものが有ります。
標準で付属してくるチップソーは比較的安いものがついていますが、一流品を後から使うと、違いがハッキリとわかります。
耐久性が全く違います。安物だと、石に当たったりすると、すぐにチップが割れてしまいます。
いくつも比べたわけでは有りませんが、偶然農協の展示会で買ったこのバクマのチップソーは、抜群の耐久性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

新潟県三条市のSUWADAのニッパー型爪切りすごい切れ味

新潟県三条市のスワダのニッパー型爪切り
似て非なるものとはこのことではないでしょうか?ニッパー型の爪切りは、地方の量販店を回っている刃物まつりなどで売っていることがあり、買ったことがありますが、それとは全く別物です。

なんと・・・・爪を切った後、ヤスリがけが不要なのです。

初めは信じられませんでした。使ってみてびっくりです。金額は5000円くらいからの商品ラインナップですが、一生使える物という考え方をすれば高くはないと考えます。

目から鱗の逸品でした。

http://www.suwada.co.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

新潟県三条市日野浦刃物の片刃のナタ

新潟県三条市日野浦刃物の片刃のナタ
刃渡り18センチのナタです。日野浦刃物では、高級ブランドと汎用ブランドの二つのブランドを持ちますがこちらは汎用ブランドの方です。
それでも、充分に潔い切れ味です。
わたしは、主に竹藪に入るときに使います。

http://www.frkw.com/index058.html

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年5月22日 (土)

新潟県三条市の竹内名人の手によるノコギリ

新潟県三条市の竹内名人の手によるノコギリ
新潟県三条市の竹内名人の手によるノコギリ
新潟県三条市の竹内名人の手によるノコギリ
竹内快速切ノコギリ、とても鋭い切れ味です。
http://www.palge.com/news/h15/9/takeuti20030906.htm

刃先が一直線のまま、倒れがありませんから、切れ目もまっすぐです。
軽い力で簡単に切れます。ずっとお気に入りにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

肥前吉田焼で見つけたこだわりの急須、茶こしに注目

こだわりの急須
こだわりの急須
急須の選び方のポイントに、茶漉しの部分の材質があります。
写真の急須は、肥前吉田焼きの寿千窯によるものです。
茶漉しの部分まで一体化しています。比較的細かい穴があいていますが、その密度が細かく、開口面積比率が高いです。
従って、良く濾せて、詰まりにくいのです。
ステンレスの茶漉しが入っている急須も有りますが、なんとなくお茶の味が変わる気がします。

http://www.ktknet.ne.jp/yoshidayaki/kamamoto/jusen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)