これからみずまわしに入りますので、平らにならします。こねばちの縁に近いところは、少し高くしておきます。水回しは、水がこねばちに付かないようにします。