ここが一番神経を使います。耳たぶくらいのかたさ、蛇の様に両手で撚って、三回折りたたんでひび割れないくらいまで、水を足していきます。多すぎると元に戻れません、少なすぎても元に戻れません。いい加減でストップすること。